多嚢胞性卵巣症候群の治療を助ける漢方薬

多嚢胞性卵巣症候群の治療を助ける漢方薬

多嚢胞性卵巣症候群(PCOもしくはPCOS)は、卵巣内に多数の卵胞ができてしまうことで起こる排卵障害の一つです。
この症状は、現在、根本的治療の方法が明確にされておらず、対処療法、特に妊娠の可能性を高めるための処置が中心に行われている状況です。
医療行為において、排卵誘発等の方法で妊娠率を上げると同時に、漢方等で改善できないかと考える人も多いと思います。

 

中医学的にPCOを見る場合、「卵巣周辺の?血(おけつ:血行障害や鬱血)や痰湿がこびりつき、卵巣が固くなった病態」ととらえられています。ですから、軽度のPCOの場合、卵巣周辺の血の巡りを改善し、柔らかくすることで、病院で行われる排卵誘発などの医療行為の効果がさらに高められると考えられています。
ここでは、PCO患者に有効とされている漢方をご紹介します。

 

一つ目に大柴胡湯(ダイサイコトウ)です。これは、炎症を鎮めたり、痛みを和らげるといった作用がある漢方薬でストレス抵抗性を高め、強い体質に変えていく効果があります。ですので、卵巣の緊張を緩め、安定的に機能することを助ける効果が得られます。副作用として、ごく稀に胃の不快感や食欲不振、吐き気、下痢などが起こる人もいます。
二つ目に桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)です。これは、女性の方にオススメの漢方薬です。血行改善、冷えの改善、子宮の炎症を鎮める、ホルモンバランスを整えるなどの作用があり、女性特有の生理不順、生理痛などに効果があります。更年期障害で悩まれる方にも効果的です。PCO患者にとっても内分泌の異常を整えることが期待できるでしょう。副作用としては、胃のむかつき、食欲不振が起こることがあります。ごく稀に肝臓への症状である食欲不振、皮膚や白眼が黄色くなる、尿が褐色になるといった重い副作用が表れるときがあるので、その場合は注意が必要です。
その他、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)や、温経湯(うんけいとう)なども、血行をよくする、ホルモンバランスを整えるといった効果があり、PCOの改善の助けとなるでしょう。